ディープチェンジHMBの特徴や情報をまとめました!

 

ディープチェンジHMBが他よりも優れているポイント

サプリメントにはプロテインほどの筋力増強効果を発揮できる物はないと長い期間言われておりましたが、ムッキムキな体を入手する方法としてHMBを含んでいる筋肉系サプリメントが登場してからは大きく状況が変わりました。

 

しかし、種類が一気に増加したことで特徴や評価および口コミを探すのが困難になってしまったのも事実です。

 

そこで、今回は人気セレブ雑誌「GLITTER」にて2017年注目度ナンバーワン筋肉HMBサプリに輝き注目度が非常に上昇している、筋肉サプリの一つ「ディープチェンジHMBー」について紹介いたします。

 

ディープチェンジHMBの特徴やポイントについて

 

筋肉サプリは日本でも取り扱いにGOサインが出てから多くの企業および輸入品が登場したので、何がよくて何が悪いのか、成分などを知らない人には訳のわからない状態が続いておりますので、特徴およびポイントを一つ一つ紹介します。

 

日本のメーカーである「株式会社ラッシャーマン」で製造販売

 

このような筋力増強効果があるというサプリや商品というのは輸入物が非常に多く、どうしても輸入物は効果もすごいが副作用などが怖いという意見や、日本人は体質的にあわないのではないのかという意見が出てきます。

 

効果や効能という部分では海外製品でも成分などから分析すれば色々と説明することができるのですが、体質的に日本人に合わないというお話を出されると、納得させる説明をすることが一気にできなくなります。

 

日本人1000人に試すなどのわかりやすい検証結果がないと否定することはできないのです。

 

その点、日本製なら日本人に合っている物を作成しているので非常に安心感があると言えるでしょう。

 

この安心性を評価したのか、人気セレブ雑誌「GLITTER」にて2017年注目度ナンバーワン筋肉HMBサプリにもなり男性以外にも女性に注目される商品となっております。

 

筋肉サプリの基本はHMB

 

ディープチェンジHMBが他よりも優れているポイント

筋肉サプリ系の商品は基本的に、このHMBによる作用が大きくどれくらい含まれているのかが比較材料として最も大きくなります。

 

具体的に、このHMBは正式名称が「β-Hydroxy-β-MethylButyrate」でその頭文字をとりHMBとなっています。

 

日本語に直すとβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸になるのですが、このHMBの主な役割はタンパク質の同化促進作用による筋肉量増加効果が大きいこと、筋肉の分解を防ぐことです。

 

要するに、筋肉を作りやすくなって分解しにくくなる作用が強いということなので、筋トレをして体を鍛えた作用が出やすくなることを意味しております。

 

あくまで、この部分はプロテインと同じく体を鍛えるのに合わせて摂取しないと効果がない成分となっているので、覚えておくといいでしょう。

 

また、HMBは傷ついた細胞を回復させて筋トレで傷ついた体を復旧させる能力も高いので、体を覆い混むような厳しいトレーニングをしている人にとって、回復力が向上するのはうれしい作用と言えるでしょう。

 

特に、女性の場合は注目しもらいたいのはタンパク質分解抑制効果がある、つまり筋肉の分解を防ぐ作用があると言うことでしょう。

 

ダイエットをしている人は食事制限などを行って摂取カロリーを絞り始めますが、食事制限を行うとどうしてもエネルギー不足が発生し、そのエネルギーは脂肪以外に筋肉からも集めるようになるのです。

 

そのため、短期間で急激に痩せた人は脂肪以外に筋肉も一気に減少している可能性が高く、美しく痩せられない可能性があります。

 

しかし、HMBを飲むことでタンパク質分解抑制効果が発揮されるため、ダイエットによる筋肉分解が発生しにくくなり、体脂肪のみがみるみるうちに減らせるようになるのです。

 

クレアチン等の栄養素も含まれている

 

HMB以外の成分も含まれておりますが、その成分もダイエット効果や筋肉アップ効果につながる作用が強い成分が多く、よりよい効果を期待できるでしょう。

 

具体的には、クレアチン・BCAA・シトルリン・アルギニン・セルロース・グルタミン・オルニチンなどが配合されており、成分に詳しい人なら筋力アップ作用やダイエット作用が大きいと見抜くことができると思います。

 

特に大きいのはクレアチンが含まれていることで、クレアチンとHMBを組み合わせれば筋肉量増加と体脂肪率低下効果が促進されるという研究報告が海外では出ております。

 

BCAAは筋タンパク質の分解抑制効果を期待できますし、L-シトルリンも排出のサポート作用があり、L-アルギニンは成長ホルモン分泌促進や脂肪燃焼作用があり、セルロースは便秘の予防や改善作用があり、グルタミンペプチドは栄養素の吸収効率を上昇させ、オルニチンは基礎代謝アップや体脂肪の分解作用があります。

 

プロテイン×トレーニング体験談0

 

基本的には腹筋、腕立て伏せ、ダンベルですね。

 

回数はあまり数えてはないのでわかりませんが自分の限界までして終わるような感じでやっています。

 

あまり回数を決めてしまうと自分でも毎日やったり習慣化できなかったことがあるので自分がしんどい、これで限界だと思うところで終わるようにしています。

 

細かく言えば限界をちょっと上回ったところで、ですけどね。

 

昔の今よりもっと若い頃だと筋トレをしても数日でやめてしまったりとか、続いても一週間で結果が出る前にやめてたんですけど回数を決めてやるのではなく、この自分の限界のちょっと上までやってみるということに変えたら今では半年以上も続いて結果もでてきて毎日楽しく筋トレを続けることができています。

 

オススメのプロテイン

 

ザバスのホエイプロテインを飲んでいます。

 

味はココア味でとても飲みやすいです。

 

たまに牛乳で溶かして飲むとさらに美味しくなるので僕のお気に入りです。

 

飲み始める前と習慣的に飲むようになってからでは気持ちの部分も大きいかも知れませんが身体の筋肉が大きくなったような気がしますね。

 

プロテインの中でもいろんな種類があってその中でもこのホエイプロテインは即効性が一番優れているので愛用しています。

 

筋トレが終わって30分以内の事をゴールデンタイムといってこのタイミングでプロテインを飲むのがおすすめなのでこのゴールデンタイムにいかに効率的にプロテインを摂るかが重要なので一番即効性のあるホエイプロテインを飲むようにしています。

 

プロテイン無しで出来るトレーニング

 

ディープチェンジHMBが他よりも優れているポイント

継続して早朝ウォーキングを約1時間行っています。

 

日中は自分の時間をまとめて取ることが難しく、そして夫の帰宅も早くはないので、夫と生後11か月の娘が眠っている朝4時〜5時にかけて軽く汗ばむ程度の強度でウォーキングをしています。

 

雨天時は家の中でこまめに体を動かす程度しかしていませんが、夫が不在だったり雨が降っていなければ毎日の日課としています。

 

また、子供がちょうど甘えて離れない時期なので、子供をかかえて遊びながらスクワットを日々20回を最低回数として継続しています。

 

それ以外にも子供をウエイト負荷として遊んでいるようにみせかけて腕や足、臀部などを意識して動かして筋トレ替わりにしています。

 

それ以外は、バス停など待ち時間や歯磨きの間につま先立ちをしたり、寝る前に簡単なストレッチをして代謝を高めるような細かな動きをするような心掛けをしている程度です。

 

プロテインやサプリメントは結局継続できない性格ですし、家族の健康にも影響する食事内容を充実させることで解決したいと考えています。

 

生野菜であれば両手山盛り一杯分程度を毎食摂取できるようにして、揚げ物の場合はメインのおかずの3倍程度の野菜が摂れるように心がけて準備しています。

 

加工食品よりも、肉や魚そのもののが食べられるようにしたり、ひじきの煮物などには大豆やニンジンやエノキや油揚げなど合いそうな食材は少しずつでも入れて品目を少しでも多く摂取できるようなバランスにも心がけています。

 

あとは、面倒くさがらずに家事をこなしていれば、育児も含めると体を動かすという点では自分の目標はクリアできているのではないかと考えて過ごしています。